家庭教師と費用

家庭教師は塾などと比べると割高になってしまうこともありますがどのような基準で決めていけばよいのでしょうか。
一番単純な所で言えば費用対効果になります。
集団塾などと同じサービスを求めて比べてしまうとどうしても家庭教師は割高な印象があります。
考えていただきたいのは、なぜ塾ではなく家庭教師を選択しようしたかということです。

一律の授業で、そこまで管理が厳しくない状態で問題なく勉強をしていくことが出来るのであれば、それは家庭教師でなくとも良いのです。
だからこそ家庭教師を選ぼうと思った理由があるはずです。
良くあるのは今まで勉強していないのでついていくことが出来るのか心配だ、あまり押しの強いタイプではないので質問などが出来ないかもしれない、何かを継続して続けるのが苦手などの理由で検討される方が多くなります。
塾と家庭教師ではどちらが良いとは一概に言えません。
そのため自分が何を求めていて、それが費用に見合うものであるかが重要になってきます。

単純に授業時間で考えるのであればそれは集団塾の方が安くはなりますが、それに伴い一人一人に掛ける時間というのは少なくなっていきます。
またカリキュラムもある一定より個人に合わせて作るのは難しくなります。
その点家庭教師は授業時間だけで考えれば高くなりますが一人に使っていくことの出来る時間として考えればそれは多くなっていきます。
そのため、費用対効果を念頭に考えていくための注意点としては、「自分が求めているサービスの特徴はなんなのか、それに対して費用は見合っただけの価値を持つのか」ということを考えてみて下さい。



<外部リンク>
担当会員制で一人一人に行き届いた指導を行うプロ家庭教師を紹介しているサイトです →→→ プロ家庭教師 紹介

Copyright © 2014 家庭教師はどこを見て決める All Rights Reserved.